畠山、川端ら豪華な“2軍調整組”…ヤクルト、1軍キャンプから漏れたのは?

©株式会社Creative2

ヤクルト・畠山和洋(左)と川端慎吾【写真:荒川祐史】

山田、青木らは順当、移籍組も主に1軍でキャンプインへ

 1月も終盤に入り、いよいよ2月1日のキャンプインが迫ってきた。各球団はキャンプインに向けた組分けを発表しているが、ルーキーでキャンプを1軍で迎えるのは誰か? また、新戦力で1軍に抜擢された選手は? こういったところにファンは注目しているだろう。

 ただ、1軍キャンプに抜擢される者がいれば、そこから外れ2軍(球団によってはファーム、B組)でキャンプを迎える者もいる。そこで、ここでは視点を変え、各球団で1軍キャンプから漏れ、2軍や3軍のキャンプから巻き返しを図る主な選手をピックアップしていこう。

 今回はヤクルトだ。昨季は強力打線を擁しリーグ2位の成績も、クライマックスシリーズ(CS)では巨人に敗れてファーストステージで敗退した。今季はさらなる躍進を目指して、春季キャンプで戦力の底上げを図りたいところ。「ANA BALL PARK 浦添」で行われる1軍キャンプのメンバーは以下の通りだ。

○投手(22人)
石山泰稚、中尾輝、高梨裕稔、大下佑馬、原樹理、清水昇、寺島成輝、石川雅規、近藤一樹、蔵本治孝、星知弥、ブキャナン、小川泰弘、寺原隼人、マクガフ、梅野雄吾、ハフ、高橋奎二、五十嵐亮太、田川賢吾、風張蓮、スアレス

○捕手(3人)
西田明央、松本直樹、中村悠平

○内野手(9人)
奥村展征、山田哲人、西浦直亨、荒木貴裕、廣岡大志、宮本丈、太田賢吾、村上宗隆、吉田大成

○外野手(8人)
バレンティン、塩見泰隆、青木宣親、山崎晃大朗、雄平、坂口智隆、渡邉大樹、上田剛史

 新人選手ではドラフト1位の清水、8位の吉田の2人が抜擢。山田、青木といった主力選手のほかに、2017年のドラ1村上や、移籍組の寺原、五十嵐、高梨、太田らが1軍キャンプスタートとなった。

 一方で1軍キャンプから漏れ、西都原運動公園野球場でキャンプを迎えることになった主な選手は以下のようになる。

・館山昌平(投手)
 かつては5年連続で2桁勝利を挙げるなどヤクルトのエース右腕として君臨していたが、近年はケガに苦しみ、ここ2年間勝ち星がない。2軍スタートからしっかり状態を上げていきたい。

・山中浩史(投手)
 球界でも珍しいサブマリン投手。昨季は先発とロングリリーフ両方を経験したが、37回1/3の投球回数にとどまるなど不本意な結果に終わった。2軍キャンプからの巻き返しを狙う。

・大引啓次(内野手)
 今季でプロ13年目を迎えるベテラン内野手。昨季は故障によりキャリア最小の47試合の出場にとどまった。ただ、少ない打席数ながら打率.350を記録するなど、打撃面では好調だった。じっくり調整したい。

・畠山和洋(内野手)
 かつての4番打者で、2015年には105打点で打点王を獲得したが、ここ3シーズンは度重なるケガの影響もあり出場が激減している。万全なら大きな戦力になるだけに、しっかりコンデションを整えたいところ。

・川端慎吾(内野手)
 2015年の首位打者は、2017年は春季キャンプで発症した椎間板ヘルニアの影響で全休。故障明けとなった昨季は97試合に出場も開幕直後に受けた頭部死球の影響もあり打率.257に終わった。キャリアを通して故障に悩まされているが、状態が万全ならその高い打力は破壊力抜群の打線の中でも大きな武器となる。(Full-Count編集部)