ロッチが“携帯電話に眠るドラマ”を掘り起こす! 地元・関西で初MC!!

©株式会社東京ニュース通信社

ABCテレビで1月27日に放送される「眠っている番号に突然かけてみた~ポケットに眠るストーリー~」(深夜0:55、関西ローカル)では、長年かけたことのない電話番号など、携帯電話に“眠っている番号”にいきなり電話をかけてみるとどうなるのかを検証。Wエンジン・チャンカワイやあばれる君らがおよそ200人への街頭調査に向かい、その様子を「どんな番組になのか予想がつかないですね」と語るロッチと、emmaがスタジオで見守る。

ロッチにとっては地元・関西ローカル番組で初MCへの挑戦となった同番組。収録を終えて、コカドケンタロウは「関西で番組ができるなんて夢のまた夢やと思っていたんです。諦めていたところもある中で、こうして僕らにとっての念願がかなってすごくうれしいです」と喜んだ。中岡創一も「関西では大物芸能人の方が番組を持たれているという印象だったんですよね。今回、こうしてすてきな番組を担当させてもらえたのはホンマにうれしいです」と同調。

街頭調査のVTRについて、コカドは「想像していたのと違って、こんなにも感動できるんや」と驚き、「人生が垣間見える感じもあって、面白かったですね」と感想を述べた。一方、中岡は「お世話になった学校の先生って電話してみたいけど、なかなか機会がないですよね。こうやって番組が背中を押してくれたら、電話できるだろうなと想像しながら見てました」と感心。また、自分が電話をかけてみたい相手としてコカドは、以前住んでいた東京・目黒で「お前見たことあるぞ!」と不意にお酒に誘われた60歳くらいのおじさんを挙げる。中岡は、13年くらい前にアルバイトをしていた時に頼りがいがあって助けてくれた筋肉ムキムキの留学生との思い出を懐かしんだ。

番組では、「ちょっといじめたりもしたけど、仲良かったんです」と語る25歳のOLが高校時代の後輩に5年ぶりに電話をかけ、そこで判明した衝撃の事実にOLが激怒(?)する様子を公開する。また、20歳の女子大生が10年ぶりに小学生時代の恩師に電話をかけ、感涙するという心温まる一幕も。ほか、25年ぶりに母親に連絡する男性や、ナンパされただけの相手に電話をかける女性らも登場する。