大型補強で最下位からの巻き返しを図る楽天、1軍キャンプから漏れたのは?

©株式会社Creative2

楽天・安楽智大【写真:荒川祐史】

新加入の浅村、主力の岸、則本らは順当に1軍

 1月も終盤に入り、いよいよ2月1日のキャンプインが迫ってきた。各球団は続々とキャンプインに向けた組分けを発表中。ルーキーでキャンプを1軍で迎えるのは誰か?新戦力で1軍に抜擢された選手は?こういったところにファンは注目しているだろう。

 ただ、1軍キャンプに抜擢される者がいれば、そこから外れ2軍でキャンプを迎える者もいる。ここでは視点を変え、各球団で1軍キャンプから漏れ、2軍や3軍のキャンプから巻き返しを図る主な選手をピックアップしていこう。

 今回は楽天だ。昨季は最下位に終わったが、オフにはFAで昨季打点王の浅村栄斗内野手を獲得するなど精力的な補強をみせた。久米島野球場での1軍キャンプメンバーは以下の通り。

○投手(23人)
松井裕樹、岸孝之、近藤弘樹、則本昂大、美馬学、森雄大、藤平尚真、弓削隼人、小野郁、池田隆英、福井優也、ブセニッツ、ハーマン、宋家豪、濱矢廣大、渡邊佑樹、森原康平、高梨雄平、鈴木翔天、辛島航、古川侑利、西口直人、福山博之

○捕手(4人)
太田光、嶋基宏、足立祐一、堀内謙伍

○内野手(10人)
浅村栄斗、藤田一也、今江年晶、渡辺直人、銀次、山崎剛、内田靖人、ウィーラー、渡邊佳明、村林一輝

○外野手(7人)
辰己涼介、オコエ瑠偉、田中和基、島内宏明、小郷裕哉、卓丸、ブラッシュ

 新人ではドラフト1位の辰巳、2位の太田ら計6人が1軍キャンプに。岸、則本といった主力に加え、新加入の浅村、新外国人のブラッシュらが順当に選ばれた。

 一方で1軍キャンプから漏れ、仲里野球場でキャンプを迎えることになった主な選手は以下のようになる。

・安楽智大(投手)
 2014年のドラ1投手は昨季わずか2試合の登板に終わり、防御率は10.13と苦しい投球が続いた。キャリアを通じて故障に悩まされており、2019年キャンプは2軍スタート。2016年に高卒2年目ながら3勝を記録するなど、ポテンシャルは高いだけに活躍が期待される。

・岡島豪郎(捕手)
 昨季は108試合に出場も、打率が2割を割るなどスランプに陥った。今季は背番号を変更し心機一転。ポジションも外野手から捕手に戻し、2軍からスタートを切る。

・茂木栄五郎(内野手)
 ルーキーイヤーからレギュラーとして117試合に出場、2年目の2017年には主に先頭打者としてリーグ3位の打率.296、17本を記録したが、昨季は故障の影響もあり打撃、守備ともに不調に。毎年ケガで離脱する時期があるだけに、コンデションをしっかり整えたい。

・西巻賢二(内野手)
 昨年は高卒1年目ながら25試合に出場。打率.247でシーズンを終えたが、一時は打率3割を超えるなど存在感を見せた。10月には侍ジャパンU-23代表にも選出され、経験を積んだ。遊撃の定位置争いに加われるか。

・橋本到(外野手)
 オフに巨人からトレード移籍。巨人では通算393試合出場で打率.243、9本塁打、79打点と能力を発揮したとは言い難い。地元球団での再スタートで、外野のレギュラーを狙いたい。(Full-Count編集部)