ボクシング、井上が判定で敗れる

スーパーウエルター級世界戦

©一般社団法人共同通信社

ハイメ・ムンギア(右)のパンチを受ける井上岳志=ヒューストン(ゲッティ=共同)

 【ヒューストン共同】世界ボクシング機構(WBO)スーパーウエルター級タイトルマッチ12回戦は26日、米テキサス州ヒューストンで行われ、挑戦者で同級3位の井上岳志(ワールドスポーツ)は王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)に0―3の判定で敗れ、王座奪取はならなかった。ムンギアは3度目の防衛に成功した。

 29歳で世界初挑戦の井上は終始前へ出て攻めたが、相手の強打を浴びてペースを握られた。戦績は井上が15戦13勝(7KO)1敗1分け、22歳のムンギアは32戦全勝(26KO)となった。