嵐が活動休止を発表…1年半前から話し合い、動画で思い明かす

©株式会社光文社

国民的アイドルグループ・嵐が、東京五輪後の2020年12月31日をもって一時活動休止すると分かった。

1月27日、公式ファンクラブサイトにメンバー5人そろっての動画をアップ。そこでリーダーの大野智(38)の口から「僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました」と休止を発表した。

決めた時期については「2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと」と、約1年半前にはメンバーに相談をしていたことを明かしている。

活動休止の理由として「嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと。また勝手ではありますが、一度何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました」と説明。今年迎えるデビュー20周年と、2020年の東京オリンピックを節目に活動を休止する形だ。

この発表を聞いたファンからは《え、突然のことで頭が追いつかない》《これって実質解散するってことだよね……》などの声が殺到。ショックが広がっている。