口臭は、歯の治療跡や虫歯が原因!?

©株式会社オールアバウト

自分や他人の口元の臭いが気になったことはありますか? ブレスケアグッズなど、様々な口臭ケアグッズが人気を集めていますが、実はその口臭、以前の歯の治療跡や虫歯が原因かもしれません。

そもそも「口臭」って?

近年、臭いによるハラスメント(相手に不快感を与える状態)”スメルハラスメント”という言葉が聞かれるようになり、自分や他人の口臭や体臭などの”臭い”に敏感な話題が増えています。

特に口臭は気にする方が多い一方で、口は鼻に近い位置にあることから自分の臭いに慣れてしまって自覚症状の無い方も多く見られます。口臭の定義や起こるメカニズム、口臭を予防するケア方法などを詳しくご紹介していきます。

口臭の主な原因

口臭はどんな時に起こりやすいのでしょうか? 一般的に口臭は、大きく3つに分けられます。

・生理的口臭:本来の口のにおい。朝起きたときや緊張している時のにおいも含みます。

・外因的口臭:食事による口のにおい。ニンニク・ニラ・コーヒー・アルコール摂取時などが一般的です。

・病理的口臭:歯周病や虫歯による口のにおい。全身疾患による口臭も含まれます。

(最近ではこの他に「心因的口臭」という、口臭は無いのに本人だけが口臭があると思い込み、神経質になってしまうというケースもあります)

このように様々な要因から口臭が生まれますが、慢性的な口臭を引き起こす原因の9割は病理的口臭だと言われています。特に虫歯や歯周病、以前治療をした部分のケアを怠ったために二次カリエス(治療跡の中で虫歯を起こしてしまう状態)となり口臭を引き起こしているケースが多く見られます。虫歯や歯周病などから口臭が起きるメカニズムをご説明します。

口臭の原因の9割! 虫歯と歯周病

虫歯や歯周病は、どのようにして口臭を引き起こすのでしょうか? そもそも虫歯や歯周病になってしまう原因は、歯の表面や歯周ポケット(歯と歯ぐきの間のすき間)に溜まったプラーク(歯垢)です。

”プラーク”というと”食べカスなどが固まった汚れ”というイメージを持っている方も多いようですが、実はたくさんの細菌と細菌が作り出した物質によってできています。その細菌の中には虫歯菌や歯周病菌が含まれ、においを発することで口臭の原因になったり、プラークを放置することで歯石となってさらに歯や歯周ポケットに張り付いてしまいます。

■虫歯が起きるメカニズム

虫歯とは、歯に付着した虫歯菌がエナメル質や象牙質に穴を空けてしまった状態です。穴は虫歯菌により広がっていき、穴にはさらにプラークが溜まります。虫歯が進行すると神経にまで広がり、腐敗臭などの強い口臭を引き起こします。

虫歯の進行中はかなりの痛みがありますが、神経が完全に死んでしまうと痛みは感じられなくなります。神経が完全に死んでしまうと歯は抜けて落ちてしまい、セラミックやインプラントにより歯を補うことになります。

■歯周病が起きるメカニズム

歯周病は様々な歯周ポケット・歯ぐきの炎症の総称で、歯槽膿漏(しそうのうろう)・歯肉炎・歯周炎を含みます。起きる原因としては、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間のすき間)にプラークが溜まり、歯ぐきが炎症を起こすことから始まります。

歯周ポケットの中で歯周病菌が繁殖し、膿や出血・ガスなどを発生させ、口臭の元となります。歯は一見健康なのですが歯を支える歯ぐきがダメージを受けているため、歯が突然抜け落ちてしまうこともあります。

虫歯や歯周病による口臭のケア方法

虫歯や歯周病による口臭の原因をご説明してきましたが、これらを引き起こす主な原因が”プラーク”だとお分かり頂けたでしょうか? 現在、日本人の約7割は虫歯になっているというデータもあり、日頃からブレスケアをしても口臭が消えないとお悩みの方は、実は口臭の原因は虫歯などかもしれません。

虫歯や歯周病になってしまったらクリニックできちんとした治療を受けることが必要ですが、そうなる前から、予防としてクリニックでのケアをオススメします。

虫歯や歯周病を引き起こすプラークは普段の歯ブラシだけのケアでは取り除きにくく、少しずつ蓄積してしまいます。デンタルフロスや歯間ブラシを使ってのケアに加え、クリニックでの歯のクリーニングやエアフローによる歯面清掃などをオススメします。

特にプラークが歯石にまで成長してしまうと、普段のケアで取り除くことは難しくなります。口臭予防だけでなく、口の中全体の健康ケアのために、ぜひクリニックで相談されてはいかがでしょうか。

(文:石井 さとこ(歯のホワイトニング・口臭対策ガイド))