絵馬に「J1昇格!」今季の躍進誓う サンガが必勝祈願

©株式会社京都新聞社

今季の必勝祈願を行うサンガの選手やスタッフ(京都市東山区・八坂神社)

 J2京都サンガFCの選手やスタッフが27日、京都市東山区の八坂神社で必勝祈願の参拝を行った。2月24日に開幕する今季に向け、J1昇格を目指して決意を新たにした。

 屋根に雪が降り積もった境内で、サポーターが見守る中、伊藤雅章社長をはじめ選手やスタッフがそろって訪れた。神職の祝詞が奏上され、選手らが今季の必勝を祈った。続いて社務所に移動し、絵馬に願い事を書いた。

 選手を代表して玉串を奉納した選手会長の下畠翔吾は、絵馬に「J1昇格‼」と書き、「常にこの言葉を意識しながらトレーニングしていきたい」と意気込んだ。今季加入したブラジル人のレナン・モッタは「日本の文化を体験できて興味深かった。エネルギーをもらった」と笑顔を見せた。