ココアパウダーでカフェ風スイーツプレート♪ バレンタインに楽しもう

©日本食糧新聞社

プチプラアイテムでいつもの食卓をパッと華やかに演出するテーブル&フードスタイリストの渡辺有子です。もうすぐバレンタイン!甘いチョコレートもおいしいですが、チョコ色のココアパウダーでバレンタインらしいスイーツプレートを用意し、おうちカフェを楽しむのもおすすめです。そこで今回は、ココアパウダーを活用したアイデアをご紹介します。

フォークを置いてプレートをデザインしてみよう!

ココアパウダーは振りかけるだけで、おしゃれなスイーツプレートに変身させてくれるバレンタインに欠かせないアイテムです。チョコレートのスイーツでなくてもココアパウダーさえあれば、バレンタインらしい演出が簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

まず1つ目は、定番のフォークデザインのスイーツプレートです。用意するのは白い食器とフォーク!

ココアパウダーとスイーツのコントラストが映えるように、シンプルな無地の白い食器を選ぶことがポイントです。

作り方はとっても簡単で、スイーツを盛り付ける場所を決めてから、フォークをプレートの余白部分に置き、茶こしで上からココアパウダーを振るいます。

きれいに形がプレートについているのを確認してから、フォークの上のココアパウダーが落ちないようにそっとはずしたら出来上がりです。

くっきり形が浮かび上がる方が可愛いので、少し多めに振りかけましょう。

100均のハートのクラフトパンチを活用!

2つ目は、100円ショップで手に入るハート型のクラフトパンチと画用紙で作るオリジナルのシートを使ったスイーツプレートです。

こちらもハートのデザインが映えるように白い食器を使用して作っていきます。

クラフトパンチを画用紙に差し込み、ハートを型抜きしていきます。

ハートの数はお好みで良いですが、あまりたくさん穴をあけすぎるとココアパウダーを振りかけた後に画用紙をお皿から外す作業が大変なので気をつけましょう!

またパンチを左右に動かしながら穴をあけるとハートに動きがでて可愛くなります。お子さんと一緒にパンチ作業も楽しんでみてくださいね。

画用紙がハート型に抜けたら白いプレートにのせて、上からココアパウダーをハートめがけて振りかけます。

先ほどご紹介したフォークと同様にくっきりハート型が浮かび上がるように、多めに振りかけるようにしましょう。

きれいにできたら、ハート型がよれないように気をつけて画用紙をそっとはずしたら完成です。

シンプルな食器もチョコ色のハートがデザインされて可愛く仕上がりました。紅茶も一緒にのせてワンプレートに仕上げるのも良いですね。

竹串でメッセージを入れてみよう!

最後は、プレートに振りかけたココアパウダーにメッセージを書いたデザインプレートです。

曲線のひらがなで多くのメッセージを入れるレタリングは難易度が上がりますが、アルファベットでシンプルなものなら案外簡単にできます。

大きめの白い食器を使用し、ココアパウダーを余白部分に振りかけて用意します。

竹串は持ち手の太い方を使ってためらわずに一気に書いて仕上げましょう!

失敗したらまた振りかけ直せばよいだけなので大丈夫! 何度か練習するとコツがつかめますし、お子さんの手描きのイラストは少しにじんだりかすれたりしても温かみがあって素敵です。

白い食器と身近なアイテムを使ってオリジナルのスイーツプレート作りをご紹介しました。今回使用しているスイーツは市販のバームクーヘンとイチゴだけですが、ココアパウダーの可愛いデザインでカフェ風なプレートに仕上がります。

お家ならではのバレンタインもぜひ楽しんでみてくださいね。