JR東日本、仙台駅東口に新オフィスビル建設着手_EKITUZI は3月で営業終了

©株式会社エキスプレス

JR東日本は、「(仮称)仙台駅東口オフィス」の建設を、2月から着手。2020 年度冬の開業をめざす。

(仮称)仙台駅東口オフィス ビルは、仙台駅直結という利便性と災害に強い性能を兼ね備えた高規格オフィスビル。JR東日本にとって首都圏以外では初となるオフィスビルに。

<不動産 関連記事>

構造は、鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造・地下1階、地上13階・高さ約60メートル。オフィスフロアは3~13階、店舗は1~2階。

3階屋外での緑化、断熱効果の高い Low-e 複層ガラス、昼光センサー調光式LED 照明を採用。

1階エントランスホールでは地域イベント等を定期的に開催。仙台駅東口をはじめ駅周辺の活性化に貢献していく。

また、2017年11月から営業していた東口暫定開発「EKITUZI」は、2019年3月24日をもって営業を終了する。