必見!渦になって体を包み込む音風景。ミャンマー「風鈴の寺」【動画】

©株式会社オンエア

数百の鈴がインレー湖からの静かな風に揺れて、不思議な音の波になり渦になって体を包み込んでいきます。そして心が静かになっていきます。この「音がある絶景」は、まるでマインドデトックスです。

仏教国ミャンマー、インレー湖そばの「風鈴の寺」

ミャンマーは国民の90%が仏教徒。どこにでも寺院がありますが、今回訪れたのは、ミャンマーの中央部にあるインレー湖そばの「Shwe Indein Pagoda (シェ― インディン パゴダ)」。1000以上の仏塔に囲まれています。その仏塔には金属でできた風鈴が数個づつ。その風鈴が風に乗って静かに鳴ります。風が通る流れに沿って鳴る無数の鈴の音に包まれて、心が洗われるようです。

https://www.youtube.com/embed/G2Q6Ft3h2bw

インレー湖畔の村を巡る一日

ヤンゴンからインレー湖近くのヘーホー空港へは飛行時で1時間15分。湖の民インダー族が、竹を足場にした水上住宅に暮らしています。

湖は南北22キロ、東西12キロ。住民の主要な移動手段はボートです。

ボートでの観光は、朝から日没まで。湖畔の村を回り、マーケットによったり、首に金属の和を付けたバラウン族を訪ねたり、ゆっくりと丸一日楽しめます。

[All photos and videos by Atsushi Ishiguro]

Do not use without permission.