「東京喰種:re【CALL to EXIST】」赫子を使った戦闘シーンや喰種側の登場キャラクターを紹介!

©株式会社イクセル

バンダイナムコエンターテインメントは、2019年に発売を予定しているPS4用ソフト「東京喰種:re【CALL to EXIST】」について、攻撃アクションや登場キャラクターの情報を公開した。

■カネキの戦闘シーンと合わせて見る主な攻撃手段

新イメージビジュアル

本作では人を喰う存在の「喰種(グール)」か、喰種に対峙する「捜査官」のどちらかに分かれ、互いに生存を賭けた戦いを繰り広げていく。

喰種であれば“赫子(かぐね)”、捜査官であれば“クインケ”といった特徴的な武器を使うことができ、原作やアニメさながらの壮絶な死闘をゲームでも楽しめるというわけだ。

具体的な攻撃手段には、「近接攻撃」「遠距離攻撃」「ユニークアクション」「必殺技」の4つがある。このうち、強力な攻撃手段のユニークアクションと必殺技を使うには、“アクションゲージ”を消費する。

ユニークアクションであればゲージの消費は少なくて済むが、必殺技のゲージ消費量は多め。そのため、いつ、何を使って生き残るか、死闘のなかでの“選択”が重要となってくる。

通常攻撃
遠距離攻撃(射撃)
ユニークアクション
必殺技
赤枠の部分がアクションゲージとその残量を示している。

■「東京喰種:re」での喰種たち

霧嶋 董香

赫子:羽赫(うかく)

喫茶店「:re」の店主で“喰種”。かつては粗暴な態度が目立っていたが、今は女性らしい態度が目立つ。失踪したカネキがどこかで今も戦っていると信じ、誰にも頼れなくなった時に帰れる場所として、四方蓮示、西尾錦らと共に「:re」を続けている。

西尾 錦

赫子:尾赫(びかく)

同族を狩る蛇のマスクの“喰種”。「梟」討伐作戦から2年の間に左目に傷が入った。〔CCG〕からはSレート「オロチ」として「アオギリの樹」の“喰種”と敵対している。