日本海側では活発な雷・雪、太平洋側はにわか雨・雪に注意

©株式会社ウェザーマップ

28日昼頃から29日はじめにかけて、寒冷前線が日本付近を通過します。そのため、日本海側では雪の降り方が強まる予想です。特に北陸地方では大気の状態が非常に不安定なため、活発な雷の可能性があります。一方、太平洋側では、寒冷前線の通過のタイミングで、弱いにわか雨や雪の降る所がありそうです。

【日本海側】
28日の昼の時点では気温がやや高いため、日本海側でも平地では雨となっていたり、雪が降っていても積雪が増加していない地域が多いです。しかし、これから寒冷前線通過して徐々に冬型の気圧配置に移行するにつれて、気温が下がって雨が雪になり、降り方も強まる見込みです。また北陸以北の日本海側(特に北陸)では、寒冷前線通過時に活発な雷活動が予想されるため、注意してください。

【太平洋側】
太平洋側では、寒冷前線通過のタイミングに、大阪近辺や松山などで弱いにわか雨が、名古屋・岐阜などでにわか雨や雪の可能性がありそうです。これからお出かけされる方は、折り畳み傘があると安心です。すでに出かけてしまった方でも、降ってすぐに止むので、移動するのを少し待つようにするのがおすすめです。関東ではにわか雨・雪の可能性は低いでしょう。

気象予報士・甲斐 友貴

画像について:28日午後7時の雨・雪の予想