「福祉の課題、解決へ協力」

伊達身体障がい者協会が新年交礼会

©株式会社室蘭民報社

新年交礼会であいさつをする木村会長

 伊達身体障がい者福祉協会(木村正裕会長)の新年交礼会が27日、伊達市山下町のステーションホテルSANGAで行われ、出席した会員ら約40人が、今年一年の抱負を語り合った。

 木村会長は会員の実体験を語りながら「多くの方々の支えにとても感謝しています。伊達は福祉のまちだが、まだまだ多くの課題を解決しなければならない。皆さんと協力し、一つ一つ解決していきましょう」とあいさつした。

 来賓を代表して紺野哲也市健康福祉部長、小林幸康市社会福祉協議会会長が祝辞。同協会にリングプルを累計で約600キロを寄贈した長年の功績で猪狩庄市さんへの感謝状授与も行われた。

 祝宴の余興では伊達聴力障害者協会による手話コーラスやお楽しみ抽選会などのイベントもあり、会員らは仲間と杯を交わしながら、会場の和やかな雰囲気を楽しんでいた。
(中野貴智)