【ラ・リーガ】レアルがついに不振脱却か、アウェイで4ゴール決めリーガ3連勝

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

現地時間27日に開催されたラ・リーガ第21節で、レアル・マドリードは敵地RCDEスタジアムでエスパニョールと対戦した。

【コパ・デル・レイ】S・ラモスが驚異の得点力を披露!レアルが4ゴールでジローナに先勝

リーグ序盤は不振に喘いでいたレアル。それでも公式戦5試合で4勝1敗と復調の兆しを見せつつある白い巨人は、今試合でも攻勢に出る。開始4分にルカ・モドリッチが右足のシュートを放つ。こぼれ球に反応したカリム・ベンゼマが押し込み先制点を奪取し、15分には右サイド敵陣深くからのモドリッチのクロスにセルヒオ・ラモスが頭で決め、早い時間帯にリードを2点に広げる。25分にエスパニョールに1点を返されるものの、前半アディショナルタイムにベンゼマがこの日2ゴール目を挙げ、試合を折り返す。

【ラ・リーガ】”パネンカマスター”のS・ラモス…今季PK成功率は圧巻の100%!

後半に入り、ふくらはぎの負傷で戦列を離れていたガレス・ベイルが3週間ぶりに復帰を果たすと、稀代のウィンガーがいきなり結果を残す。67分にルーカス・バスケスの縦パスを受けると、卓越したテクニックでDF二人を交わし左足で豪快なシュート。S・ラモスの負傷交代、ラファエル・ヴァランヌの一発退場などアクシデントはあったものの、最終スコア4-2としたレアルがリーガ3連勝を達成した。

リーガ3連勝を達成したレアル