土屋太鳳「まさか自分が歌うなんて」。歌手デビュー目指す役で「覚悟」

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で2月22日放送の読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」(午後9:00=読売テレビ制作)の取材会が行われ、主演の土屋太鳳、共演の百田夏菜子、向井理が出席した。劇中で1970年代の名曲を歌う主人公・小沢翼役の土屋は「歌は普段から聞いているのですが、まさか自分が歌うなんて不思議な気持ちです。でも歌はその時の思い出がよみがえったりもするので、当時のことを知っている方には懐かしんでもらいたいし、今の世代の方にはぜひ一緒に習得してほしい」と見どころを訴えた。

ドラマは、現代から1975年にタイムスリップした翼が、年齢も名前も夢も同じ大空つばさ(百田)と共に、元歌手の津島浩一郎(向井)の後押しで、当時放送されていたオーディション番組「全日本歌謡選手権」に出場してデビューを目指すストーリー。

撮影では当時のステージを忠実に再現したセットが組まれ、土屋は「スタッフさんたちから『本物そっくりだ!』という声が上がり、歴史を感じました。セットに立った時は、昔やっていた陸上のクラウチングスタートの『もう走り始めるしかない』という覚悟に似ているなと思いました。本当に才能が試されるし、当時は生放送だったなんてすごい」と身が引き締まった様子。アイドルグループ・ももいろクローバーZとして活躍する百田も「仕事柄いろんなステージに立ってきましたが、このセットは今まで味わったことがない緊張感でした。特にターンテーブルが回るシーンなんか、心臓が飛び出るほどバクバクしました。劇中で緊張している顔はマジです」と伝説の番組の雰囲気に圧倒されたことを明かした。

一方、撮影の合間は和気あいあいとした雰囲気のようで、土屋は「夏菜子ちゃんと私服がかぶって、驚いておしゃべりが盛り上がりました。一緒に写真も撮り合ったりする仲です」と告白。百田は「向井さんに『なんでそんなにスタイルがいいんですか?』と聞いたら、『牛乳を飲んでいたから』だと。それから毎日、飲んでいるんです」と明かすと、向井が「それ小さい頃の話だから。もう遅いよ」とツッコむ場面も。また、向井は役作りの無精ひげを2人にイジられていることを明かし、「こういう役柄でもない限り、ここまで延ばすことはない。今回だけのお得感があると思います」とレアなひげ面をアピールしていた。