GORDON MILLER MOTORSは“VANLIFE”を提案するカスタムカーを出品【東京オートサロン2019】

©株式会社MOTA

ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース

ガレージライフにこだわるPBブランド「GORDON MILLER」

「オートバックス」「スーパーオートバックス」などカー用品チェーンで馴染みのオートバックスセブンが展開するプライベートブランド(PB)、「GORDON MILLER」は、ガレージライフにこだわりを持つ人に向けた、洗車、収納、DIY用品を中心とした各種グッズを取り扱うブランドである。

統一されたデザインと落ち着いた色使いはどことなくアメリカ製品を思わせ、例えば、これまではどちらかというと宣伝文句を前面に押し出していたパッケージのカーシャンプーやコーティング剤なども、GORDON MILLERではグッと文字数も色数も減らして落ち着いた印象になっている。

そして、GORDON MILLEは、東京オートサロン2019で各種製品の紹介と同時に、GORDON MILLERのオリジナルカスタムカーブランド「GORDON MILLER MOTORS」が手がけた2台のカスタムカーもお披露目した。

新車ベースで製作される、アウトドアにピッタリなカスタムカー

ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース
ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース

この2台はトヨタ ハイエースをベースとした「GMLVAN V-01」と、日産 NV200バネットがベースの「GMLVAN C-01」で、GORDON MILLERのテイストをクルマそのものに反映させ、ロードトリップに出られるような“VANLIFE”を提案する。ヘビーデューティーなルックスと機能性に溢れた装備を持ち、「日々の生活からアウトドアシーンまで広く永く付き合っていけるクルマ」に仕上がっているという。

エクステリアは黒いバンパーに黒いホイールでシンプルかつ力強いイメージに。ルーフにはキャリアが載り、実用性の高さもアピールする。内装では床面が防水処理されており、壁面はリアルウッドが貼られて雰囲気抜群。シートを倒すとベッドが出現して車中泊にも対応する。アウトドアでの活躍が目に浮かぶようだ。

ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース
ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース

両車とも中古車を改装するのではなく新車をベースに作られ、しかも工場で塗装されて製作されるため、色は後塗りと違ってメーカークオリティ。新車の保証などが受けられるのも美点だ。

オートバックス、スーパーオートバックス各店舗で購入することができる。発売開始は2019年6月を予定しているとのこと。

なお、オートバックスセブンには「クルマ」を起点とした新たなライフスタイルを提案するPB「JACK & MARIE」があり、このイメージキャラ「ジャックとマリー」はオーストラリア在住のカップル、という設定になっている。そしてGORDON MILLERはジャックのお父さんで、ガレージを愛する整備工なのだそう。ちなみにマリーは日本人とのこと。なんという芸コマ!

ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース
ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース
ゴードンミラー 東京オートサロン2019出展ブース

[著者:遠藤 イヅル / 撮影:島村 栄二]