<仙台満店>魅力のセリ スープ絶品/旬菜ダイニングKitchen比呂(名取市)

©株式会社河北新報社

「牡蠣のゆず塩せりラーメン」(918円)は2月末ごろまで。チャーシュー入りの「名取せりラーメン」は春先まで提供
極寒期に甘みと香りが増すセリ。下ごしらえで根元を丁寧に洗う

 近年のブームで新たな人気を獲得しているセリ。「ラーメンでもいけるんだぜ!」とばかりに、ピンと張った真っ白な根っこのりりしさをご覧あれ。

 名取市美田園の「旬菜ダイニング Kitchen比呂」で、期間限定でランチタイムに提供する「牡蠣(かき)のゆず塩せりラーメン」です。名取産のセリと宮城県産カキ、角田市・齋藤養鶏場のブランド卵「吟卵(ぎんらん)」。セリの下には、紫白菜やネギなど地元の農家から仕入れる採れたて野菜がどっさり。宮城のお宝食材が、ラーメン鉢の中で見事に競演しています。

 具材の魅力を引き立て、麺との一体感を生んで全体をまとめ上げるのが、絶品スープ。豚骨と鶏がらで手間暇を惜しまず取っただしと、特製塩だれが相まって、なんともいえない奥深い味わいです。ユズの爽やかな香りが絶妙なアクセント。初めはシャキシャキと存在感を主張するセリが、熱々のスープにくたっと漬かり、麺となじんでくるのもまた良し。あぁ、最後の最後までおいしい。

 オーナーの葛西浩文さん(58)は、市内有名ホテルの元ホテルマン。仕事柄、食への知見を深めるうちに、自ら腕を振るってもてなしたい思いを募らせ、退職して2017年に店を構えました。昼は創作ラーメンを中心とした気軽なランチ、夜はアルコールと旬の食材を使った多彩な料理を提供します。

 「料理は感性。次々にアイデアが浮かぶんですよ」と笑顔の葛西さん。次なる挑戦はスープカレーだとか。この記事が掲載される頃には、メニューに登場しているかも。(鶴)

[メモ]名取市美田園2の2の7▽午前11時半~午後2時、午後5時半~10時▽火曜定休▽22席。4~8人用の個室あり(犬の同席可)。20人以上で貸し切り可能▽ランチは「台湾まぜそば」「ジンギスカン味噌(みそ)ラーメン」など麺類が充実。夜は旬の食材を生かしたコース(3500円~、飲み放題付き)もある▽022(302)5939。