<山田線>宮古-釜石間で試運転 8年ぶり復旧へ出発進行

©株式会社河北新報社

試運転で陸中山田駅付近の踏切を通過する三陸鉄道の列車
宮古-釜石間で試運転を開始した三陸鉄道の車両

 JR東日本は28日、東日本大震災で不通となり復旧工事を進めていた山田線宮古-釜石間で、第三セクター三陸鉄道(宮古市)の車両による試運転を始めた。沿線では住民が手を振り、震災後初めて運行される車両を出迎えた。

 この日は時速25キロ以下で走行し、宮古-釜石間55.4キロを1往復した。踏切や信号が正常に作動するかどうかを点検したほか、ホームとの距離や高低差を確認した。

 宮古-釜石間は津波で13駅のうち7駅が被災。復旧を終えた山田町の陸中山田駅には、列車を見ようと多くの住民が駆け付けた。災害公営住宅で暮らす中村ワキさん(71)は「震災前の思い出がよみがえった」と感慨深げに語った。

 宮古-釜石間は三鉄に移管されて3月23日、現行の南、北リアス線と合わせて「リアス線」となる。試運転は2月2日までで、徐々に速度を上げ、通常運転時の最高速度85キロで走行する。3日からは訓練運転を行う。

 三鉄の金野淳一運行本部長は「列車が線路を走るスタートラインにようやく立った」と話した。

 JR東日本東北工事事務所の坂内豊次長は「8年ぶりに列車が走るので、踏切通過時は安全確認を徹底してほしい」と呼び掛けた。