<楽天>新外国人が入団会見 ブラッシュ「パワーが強み」ブセニッツ「変化球も自信」

©株式会社河北新報社

入団会見で活躍を誓うブセニッツ(左)とブラッシュ

 東北楽天は28日、新しく加入した外国人選手2人の入団会見を仙台市の楽天生命パーク宮城で行った。

 昨季、米大リーグのエンゼルスに在籍したジャバリ・ブラッシュ外野手(29)=196センチ、106キロ、右投げ右打ち=は、マイナーリーグ通算169本塁打の長打力を誇り、打線の中軸として期待される。「パワーは強みだが、いいボールをしっかり打てる。四球を選んで、チーム打撃もできる」と特長をアピール。「試合では自分のスイングをすることに集中したい」と活躍を誓った。

 ツインズで昨季、23試合に登板したアラン・ブセニッツ投手(28)=185センチ、81キロ、右投げ右打ち=は、150キロ超の直球が持ち味。ハーマン、松井らとともに勝ちパターンの救援投手が想定される。「直球だけでなく、カーブやチェンジアップにも自信がある」と強調し、「目標の数字は掲げず、目の前の打者を抑えたい」と語った。