道内の特産品一堂に

札幌・三越で4日まで「味覚めぐり」

©株式会社室蘭民報社

初登場となるチーズフォンデュカレー(イメージ)=札幌三越提供

 札幌市中央区の札幌三越は2月4日まで「第28回北海道味覚めぐり」を開催している。道内33市町村から50店が出展。イートインや実演販売、お取り寄せ品など北海道の美味が一堂に集まっている。

 イートインコーナーには函館のカレー店「印度カレー小いけ本店」が登場。今回初登場の「チーズフォンデュカレー」(1人前1296円)は、相性抜群のチーズとスパイシーなカレーのまろやかな味わいが楽しめる。清水町にある「とんかつのみしな」の「とろーりチーズヒレロースカツスパ」(同1299円)は、ヒレとロースに伸びるチーズをトッピングした人気商品となっている。

 実演コーナーは帯広の洋菓子専門店・クランベリーのスイートポテト(100グラムあたり216円)、砂川の洋菓子&銘菓ナカヤのアップルパイ(1個401円)などが並ぶ。また、会場で3240円以上買い物した人から抽選で60人に北海道の味覚が当たるスタンプラリーも実施している。
(有田太一郎)