千葉市がパートナー証明の交付式

全国初、LGBT限定せず

©一般社団法人共同通信社

千葉市からパートナーとしての公的証明書を交付されたカップルら=29日午前、千葉市役所

 千葉市は29日、性的少数者(LGBT)や事実婚などのカップルにパートナーとしての公的証明書を交付する制度を始め、交付式を開いた。市によると、対象をLGBTに限定しないパートナーシップ制度は全国初。

 2人とも配偶者がいない成人で、いずれかが市内在住か転入予定であることなどの条件を満たし、互いをパートナーとして宣誓すれば、市が宣誓証明書を交付する。

 式にはLGBTの4組、事実婚の2組が参加。熊谷俊人市長が「より良いパートナーとして幸せになってください」と声を掛けて証明書を渡すと、笑顔を見せていた。