BRTバスで自動運転実験

JR東日本、津波被災の大船渡線

©一般社団法人共同通信社

BRT専用道で行われた、自動運転の実証実験。運転手がハンドルから手を離し走行した=29日午前、岩手県陸前高田市

 JR東日本は29日、東日本大震災による津波で被災し、バス高速輸送システム(BRT)で運行している大船渡線竹駒駅(岩手県陸前高田市)周辺の専用道で、中型バスを使った自動運転の実証実験を報道陣に公開した。JR東日本によると、BRTの自動運転の実験を公開するのは初めて。

 実験では、バスが、専用道上約400メートルに設置された機器の情報をセンサーで読み取り、時速40キロで走行。運転手がハンドルから手を離す中、対向車とのすれ違いや駅ホームへの停車に成功した。

 運転手不足への対応が主な目的で、今回の実験の結果を踏まえて他路線での実験についても検討する。