「技能実習生の組合加入を妨害」

愛知の青果会社、労組が提訴

©一般社団法人共同通信社

 愛知県春日井市の青果卸売会社「東興青果」や北海道東川町のグループ会社と契約して北海道内の農家で働き、解雇されたベトナム人技能実習生らが加入する札幌市の労働組合が29日、2社が実習生の組合加入を妨害したとして、約200万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴した。

 訴状などによると、2社は今月8日、ベトナム人女性21人に同25日付での解雇を予告。

 これを受け、実習生のうち18人が「札幌中小労連・地域労組」に加入、団体交渉を申し入れたが、2社は実習生らに「組合に入ったら賃金の保障はしない」などと通告、11人が脱退したとしている。25日には21人全員が解雇された。