沖縄県議会、3択の投票条例成立

辺野古移設賛否、全会一致ならず

©一般社団法人共同通信社

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票改正条例案を可決した沖縄県議会=29日午後

 沖縄県議会は29日の本会議で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票を巡り、選択肢に「どちらでもない」を加え、3択とするための改正条例案を賛成多数で可決した。県政野党の自民党の一部が反対したため、全会一致とはならなかった。全会一致は不参加表明していた一部の自治体が、参加するための条件としており、再び首長の判断が焦点となる。

 謝花喜一郎副知事は、成立を受け、不参加としていた5市のうち、うるま市から参加の意向が伝えられ、残る4市からは議会などに諮り判断するとの回答を得たと明らかにした。