ユニセフ、各国に緊急拠出を要請

援助必要な子ども4千万人

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】国連児童基金(ユニセフ)は29日、紛争や自然災害により食料や水などの援助が必要な子どもは世界59カ国・地域で推計4100万人に上ると発表した。内戦が続くイエメンやシリアでは医療や教育を十分に受けられない子どもも増えており、各国に約39億ドル(4300億円)の緊急拠出を要請した。

 ユニセフによると、支援を必要とする子どもはイエメンが最も多く約660万人で、シリアが約550万人、コンゴ(旧ザイール)が約400万人と続いた。アジアではアフガニスタンで約380万人のほか、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの子どもも少なくとも40万人に上るという。