トップアイドルを目指すフレッシュな18人を育成!アイドル育成シミュレーション「Readyyy!」を先行体験

©株式会社イクセル

セガゲームスは、2019年2月1日にアイドル育成シミュレーションゲーム「Readyyy!」をリリース予定だ。ここでは、先行プレイで体験できたキャラクターや物語序盤の魅力、ゲームシステムなどについてお届けする。

■トップアイドルを目指す18人の青春ストーリー

セガゲームスが2018年2月14日に発表した、女性向けアイドル育成プロジェクト「Readyyy!」。芸能事務所「ディア・プロダクション」や鎌倉を舞台に、18人の男子高校生たちがトップアイドルを目指すサクセスストーリーを展開する。主人公は新人プロデューサーとなり、18人が暮らすシェアハウスの寮長も兼任し、夢を追いかける彼らに寄り添いながら活動をサポートしていくという立場だ。

この世界ではあらゆるアイドルがランキング化されていて、主人公は18人のアイドルをランキングの中でも一握りの存在「ゴールドステージ」へと導かなくてはならない。とはいえ、ゲーム開始直後の彼らはまだデビューすらしていない新人中の新人アイドルで、主人公もプロデューサーとしての経験はゼロ。すでにアイドルとして頭角を現しているユニットや天賦の才を持ち合わせているユニットもいるが、まだまだアイドルとしての自覚や技量が足りず、四苦八苦するユニットもいる。それでも彼らは“トップアイドル”という高みに向かい、ひたむきに努力しながら進んでいく姿が窺えた。

また、主人公はアイドルのプロデューサーとしてだけでなく、寮長として彼らの私生活や学生生活も見守ることになる。年相応に青春を謳歌している姿はフルボイスとLive2Dで生き生きと描かれ、美しく緻密に描かれた背景と合わせてさまざまな表情も見せてくれる。ここから改めて、5ユニット18人について紹介していこう。

“暁にきらめく 5つの真珠星”SP!CA

王子様オーラ溢れる久瀬光希(CV:住谷哲栄)をリーダーとした正統派ユニットのSP!CA(スピカ)。光希の幼なじみで元気いっぱいの五十嵐比呂(CV:小宮逸人)、落ち着いた雰囲気の紺野梓(CV:遠藤淳)、ふわふわとした空気をまとう胡桃沢タクミ(CV:観世智顕)の元へ、他事務所から引き抜かれて新たに加わった頭脳派の錦戸佐門(CV:長谷徳人)といった5人がメンバーとなる。

最初に触れることとなるSP!CAは、とてもバランスのいいユニットといった印象だ。どんな仕事にも全力で取り組み、すでにファンを獲得できるくらいの実力も備えている。メンバーが自然とお互いをカバーし合うような良い関係性を築いているように見えるが、あるメンバーには何やら思う所があるようで……こちらも気になるところ。

“無限に突き抜ける音速ロケット”摩天ロケット

メンバー4人が高校1年生という、とびきり元気のいいユニットである摩天ロケット。高貴な雰囲気で周囲を自分のペースに巻き込んでしまうリーダー・藤原蒼志(CV:澤田龍一)、運動神経抜群でひたすら自信家の伊勢谷全(CV:大町知広)、お調子者で面倒見のいい真田淳之介(CV:服部想之介)、オタク気質の高千穂亜樹(CV:梅田修一朗)という個性派ぞろいとなっている。

アイドルとしての自覚や心構え、技量はまだまだといったところだが、彼らなりの行動力はかなりのもの。今後、先輩たちの背中を見ながらどのように成長していくのかが一番楽しみなユニットだ。

“心に捧げる陽だまりのカルテット”Just 4U

4人組のJust 4U(ジャストフォーユー)は、明石達真(CV:黒木陽人)と柳川彗(CV:古田一晟)という年長組と、綾崎小麦(CV:安田駿)と折笠凛久(CV:美藤大樹)の年少組という混合構成。苦労人でメンバーに振り回され気味な達真とマイペースな芸術家肌で自由人の彗、自然に囲まれて育ったたくましさを秘めた小麦と都会っぽさに執着するもののコミュ力のない大樹凛久という、かなりタイプの違うメンバー同士が集まっている。

「これで上手くいくのかな?」と思いきや、意外にもかみ合っている様子のJust 4U。ファンの心に寄り添うことをモットーとした彼らがどんなアイドルとして輝いていくのか、とても興味を惹かれるユニットだ。

“すべてを掻き消す漆黒の光”RayGlanZ

RayGlanZ(レイグランツ)はリーダーの宗像十夜(CV:近衛秀馬)、碓井千紘(CV:小野将夢)、香坂安吾(CV:三浦勝之)の3人からなるユニット。個々がパフォーマーとして卓越していて、他者を圧倒するような存在感を放っている。

千紘がつねに十夜につっかかるが、その間で安吾が上手くバランスを取っている……といった印象の3人。すでに高い実力を備えていてる彼らと新人のプロデューサーがどのように接していくべきか悩ましい分、もっと深く知りたいと思わずにはいられなかったユニットだ。

“嘘が奏でる真実の歌”La-Veritta

類まれなる音楽の才能と美しい歌声を持つ上條雅楽(CV:榊原優希)と、作詞の才能を持つ清水弦心(CV:田中文哉)のユニット、La-Veritta(ラヴェリッタ)。大人っぽい雰囲気と紳士的な態度の弦心は他のユニットのメンバーともうまくやっているが、自己中心的な雅楽はほとんど他者と関わろうとしない。

雅楽がどんな態度を取っても、弦心は常に雅楽の側にいる。2人の関係性がかなり歪なものなのはストーリー序盤からひしひしと感じられるので、何故こんなことなってしまったのか……しっかりと追いかけたくなる。

この魅力的な18人を担当する声優陣は、250人という応募者の中から選ばれた若手声優ばかり。トップアイドルを目指すキャラクター同様、彼らもプロジェクト発表からアフレコ・歌・ダンスとさまざまな挑戦を続けている。そんな声優陣のリアルな成長ぶりも本作の特徴で、初々しさの感じられる彼らがこれからどのように進化していくのかを見守るのも楽しみの一つとなりそうだ。

ちなみに、プレイヤーをサポートしてくれる長谷井秋霜はベテランの中井和哉さんが演じてくれている。ちょっと気だるそうな雰囲気だがチュートリアルではとてもお世話になるので、こちらも今後どのように活躍してくれるのか期待したいところ。

■アイドルを育成してランキング上位を目指そう

ゲーム内では、トップページの「育成」が基本。「メインチャプター」ではアイドルたちの日常ストーリーを楽しめるほか、アイドルの能力を高める「レッスン」が行える。ストーリー中には選択肢が表れ、その後の展開がやや変化することもある。テキストログやイベントシーンを簡単に振り返ることができたのも嬉しいポイントだ。

チャプターの締めくくりとなるアイドル活動では、ミニキャラクターによるパフォーマンスを楽しめる。アイドルたちに最適なアクションを選んでタップしたり、ハートに合わせてタイミングよくタップしたりといった操作をうまく行うと大量のスコアを獲得できる。

さまざまな目標も設定されていて、条件を満たすと次のチャプターが解放されたり、特定のアイドルの能力能力値が伸びたりする。ある程度慣れたあとは、こうした目標のクリアや多彩な報酬を獲得できる「ミッション」にも挑戦していきたい。

レッスンの際に「フォト撮影」などで手に入る「メモリーズフォト」がセットされていると、さまざまな効果を得ることができる。この「メモリーズフォト」はフォトのパラメータを強化したり、一定の条件を満たすと用意されたストーリーを読んだりできる。さらに素材とコインで「開花」を行うとフォトの絵柄が変わり、フォトのパラメータがさらにアップ。プロフィールでは好きなフォトを集めて飾ることもできた。

こうしてアイドルの能力値を高めたあとは「アイドル活動」を行い、ランキングの上位を目指そう。「アイドル活動」には「ライブ」「ドラマ撮影」があり、それぞれタップ操作でアイドルをサポートするミニゲームをプレイ。ハイスコアを更新するとアイドルたちは「アイドルポイント」を獲得でき、そのアイドルポイントを元にユニットポイントが更新されます。それによってランキング順位が変動するので、さらなる高みを目指していこう。

「アイドル活動」や「レッスン」には、可愛らしいちびメンミニキャラクターも登場する。通常のアイドル服だけでなく、ちょっと変わったデザインのものやレッスン着などに着替えることも可能。同じ内容の活動でも衣装が変わるとかなりイメージが変わり、また新鮮な気持ちで遊ぶことができた。衣装は実績などで入手できるようだ。

「Readyyy!」はプロジェクト発表以降、ライブや朗読劇などを交えたリアルイベントやMVの公開などを大々的に行ってきている。これらも非常に素晴らしいものだったが、筆者は同時にどこか“手の届かないアイドルを眺めている”といった感覚も少なからずあった。

しかし今回アプリをプレイして「これから彼らと一緒にトップアイドルを目指すんだ!」と、とても近くに感じることができたように思う。これまでプロジェクトに触れてきたファンはもちろん、これから遊ぶプレイヤーもまずは一度遊んでみてほしい。きっと18人のアイドルの素顔や、彼らの本気へ夢中になれるはずだ。

(C)SEGA