【りんご簡単レシピ】フライパンでさっとできる!あったかスイーツ

©日本食糧新聞社

愛知県在住のナチュラルフードコーディネーター・柿桃まいみぃです。りんごがおいしい季節ですね。今回はりんごがたくさん余ってしまったときなどに、フライパンであっという間にできるりんごの簡単レシピをご紹介します。
あったかくてとってもおいしくて、さらにアレンジでおやつやデザート、朝ご飯、お酒のおつまみにもおすすめですよ!

砂糖不使用、ココナッツオイルでヘルシーに

今回のあったかりんごスイーツは、りんごの自然な甘さとレーズンの甘みで砂糖は使わず、バターの代わりにココナッツオイルを使ってヘルシーに仕上げます。

りんごを温めることによって、りんごの甘さとうまみをぎゅっと味わえる、さらにほんのりココナッツとシナモンの香りがそそるスイーツです。

甘さが足りない時にはお好みではちみつや甘酒を加えても。秋冬の季節には熱々を楽しめるスイーツですよ!

【材料】(2人分)
りんご 1個
ココナッツオイル 大さじ1
シナモン 適量
レーズン 適量
くるみ 適量

【作り方】
1.りんごをくし形に切る。薄めのほうが火の通りが早いですが、お好みのサイズで。

2.フライパンにココナッツオイルを溶かして、りんごを加え、きつね色になるまで炒める。(約5分)

3.りんごが柔らかくなったらレーズンとくるみを加える。

シナモンを振って出来上がり。

パンケーキにのせて朝食やおやつに

パンケーキやトーストしたパンにりんごをのせたらスイーツトーストとしておやつにも。15分あれば作れる簡単レシピなので作りやすく、さらに体もあたたまるので朝ご飯にもおすすめです。子どもも大人も大好きな、人気メニューです!

アイスをのせてデザートに

焼き上がった熱々のりんごにアイスをのせて「あったかつめたい」デザートに。あったかいのと冷たいのが口の中で合わさってとろける、やみつきになるおいしさです! アイスはバニラ・ナッツ系・チョコレート味などがおすすめです。

さらに大人向けにはこれにブランデーを垂らせば、とってもリッチなデザートになりますよ。

クラッカーと一緒にお酒のおつまみに

その他、クラッカーや薄くトーストしたパンにクリームチーズをのせて、その上に細かく切ったりんごをのせたらお酒にも合います。見た目にも、パーティーなどにも使えるメニューです。

その他のおいしい食べ方と保存方法

今回ご紹介したものをパイに包んで焼けば、ゴージャスなアップルパイにもできます。クレープにのせて食べたり、パンケーキと一緒に食べても、本当においしくいただけます。パンやマフィン作りを楽しむママは、生地に入れ込むのもおすすめですよ。

フライパンの代わりにスキレットで作ってそのまま食卓に出すと、より熱々が楽しめます。

ちなみにりんごが余った時はポリ袋に入れて冷暗所に。長く保存する場合はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れて保存すると良いでしょう。熟しきっていないときは常温に置いて追熟させると良いですよ。

毎朝のりんごは医者いらず、といわれるのを知ってから我が家では毎朝りんごを食べています。冬の温まった部屋などで食べる、皮を剥いただけのりんごはみずみずしくて秋冬の季節の楽しみの一つです。

子どもも大好きなりんごなので、時々は温めてあげると、冷たいりんごとはまた違った味わいを舌や匂いで覚えてもらえると思います。

旬のりんごを使っての簡単レシピでいろいろなアレンジを楽しみ、様々な味覚を親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。