マツダ「CX-8」 2018年国内3列シートSUV販売台数 第1位を獲得

©オートックワン株式会社

マツダ 新型CX-8 XD L Package ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ/内装色:革・DEEP RED/2列目キャプテンシート+コンソールボックス/6名乗車仕様

マツダ「CX-8」2018年の販売台数は3万679台

マツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ/内装色:革・DEEP RED/2列目キャプテンシート+コンソールボックス/6名乗車仕様

マツダは2019年1月30日、同社のクロスオーバーSUV「CX-8」が、国内3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位(3万679台)を獲得したことを発表した。

CX-8は、3列目まで座れるパッケージングに、上質かつ洗練されたデザイン、街乗りから高速道路の走行まで滑らかに運転でき、乗り心地の快適性・静粛性を兼ね備えた、マツダ国内最上位の3列シートSUVである。

2017年12月にCX-8を導入して以降、国内3列シートSUV市場は拡大しており、2018年の販売台数は2017年比で180%を超える成長を遂げているが、その中でもCX-8は約50%の割合を占める、セグメントをリードする車だ。「家族や友人とのドライブには多人数乗車が必要で、走りやデザイン性も諦めたくない」と考えるユーザーから支持されており、月間販売計画台数1200台を超える好調な売れ行きをマークしている。

[撮影:小林 岳夫]

※筆者は自動車評論家の渡辺 陽一郎氏

ユーザーからの口コミ

■「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」

■「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」

■「3列目は座り心地も広さも十分」

安全装備でも高評価を得ている「CX-8」

CX-8は先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、安全装備を充実させている。平成29年度のJNCAP自動車アセスメント衝突安全性能評価において「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を最高得点で受賞し、同アセスメントの予防安全性能評価においても平成29年度最高ランクとなる「ASV++」を満点で獲得するなど、衝突被害軽減から事故リスク低減まで、優れた安全性能が評価されている。

また、2018年10月には2種類のガソリンエンジンを設定し、ユーザーの多様なニーズに応えるエンジンラインナップとされた。さらに高速道路の走行での車線変更時や、滑りやすい路面での車両の挙動を安定させる「G-ベクタリング コントロール プラス」の導入がされているなど、商品力の向上が図られている。