残ったハンバーグを簡単リメイク!ロールキャベツやボロネーゼにするレシピ

©日本食糧新聞社

偏食児持ちの食育インストラクターのひなた葵です。今回は、ハンバーグをリメイクしてロールキャベツやボロネーゼにしてしまうレシピをご紹介します!
ハンバーグをついたくさん作り過ぎてしまうことってありませんか? 翌日そのまま食卓に登場させると、「またー?」なんて声が聞こえてきそうです。
元がハンバーグだったとは思えない本格的なお味に仕上がるので、家族にも喜ばれますよ!

ハンバーグをリメイクしてロールキャベツを作ろう!

ではまずハンバーグをリメイクしてロールキャベツを作るレシピを紹介していきます。

ロールキャベツは手間がかかるようなイメージがあるかと思いますが、驚くほど簡単に仕上がるのでハンバーグのリメイク術としておススメですよ!

普通に作ったハンバーグを使って作っていきます!キャベツに巻いて茹でていくので、冷蔵庫に入った冷たいままでも大丈夫です。

冷えて脂が固まっている方が、巻いている途中にキャベツの中から肉汁が出ていかないのでかえっていい感じに作っていけます。

【材料】(3人分)
調理済みハンバーグ 1個半
キャベツの葉 3枚
水 300cc
顆粒コンソメ 小さじ1
ケチャップ 大さじ2
塩 少量
こしょう 少量

【作り方】
1.キャベツの葉を広げて、その上にハンバーグ半個を置く。

2.キャベツを折りたたんでつまようじで閉じる。

ロールキャベツの準備はこれでOKです。続いて、煮込むスープの準備に入っていきましょう!

3.水にコンソメ顆粒とケチャップを入れて煮立てる。

スープが煮立って塩とこしょうで味を調えたら、スープの準備もOKです。いよいよロールキャベツを煮ていきましょう!

4.巻き目を下にそっと入れて蓋をして煮る。

5.キャベツがしんなりしたら完成。

ハンバーグに元々火が入っているので生焼けの心配がありません。キャベツがしんなりしたら火を止めていいので、煮込む時間も少なくて済み時短にもつながります。

このレシピだけでも充分おいしく仕上がりますが、ベーコンやウインナーと一緒に煮るとよりコクも出ておいしく仕上がります。

また、人参やキノコなど家にある余った野菜を一緒に煮ると、ポトフのような感覚になって美味しいですよ。かさ増しにもなるので、食べ盛りの家族がいても安心です。

火が通りにくい野菜を加える場合は、先にレンジで少し加熱しておくと時短で仕上がります。

ハンバーグをリメイクして作ったロールキャベツの断面図です。気になるお味は、まるっきりロールキャベツです。ハンバーグだったとは思えないようなしっとりとした食感で、肉汁もあふれてきてジューシーです。

ハンバーグに火が通っているので、煮込むのは短時間なのですが、それでも本格的なロールキャベツの味になるのですごく簡単に作れておススメですよ!

ハンバーグをリメイクしてボロネーゼを作ろう!

続いて紹介するのが、ハンバーグをリメイクしてボロネーゼを作るレシピです。ハンバーグは作り置きして冷蔵庫に入れてあるものを、そのまま使用できますよ!レンジなどで温めなおす手間も要らないので時短につながります。

【材料】(2人分)
調理済みハンバーグ 1個半
パスタ 200g
ケチャップ 大さじ2
ソース 大さじ2
スライスチーズ 1枚
オリーブオイル 適量

【作り方】

1.パスタを袋に記載されている時間通りに茹でる。

2.フライパンにオリーブオイルをひき、前日の残りのハンバーグを冷たいまま入れて加熱していく。

3.木べらでハンバーグをそぼろ状になるまで砕いていく。

4.ハンバーグがそぼろ状になったら調味料を加えて混ぜる。

5.調味料がなじんだらスライスチーズちぎって溶かしていく。

今回はスライスチーズで作っていますが、スライスチーズでなくても、チーズなら何でもOKです! 粉チーズでも、ピザの上にのせるようなチーズでもどれでも溶けていくのでおいしく作れます。

6.チーズが溶けたら、茹でた麺を加えて馴染ませていく。

7.挽き肉が麺全体に絡んだら完成。

お好みでバジルをかけてもおいしく頂けます!

気になるハンバーグをリメイクして作ったボロネーゼは、ハンバーグに塩・コショウ、ナツメグといった下味がついているからか風味豊かで美味しいです。

下味があるからといって、ハンバーグの味を主張し過ぎるわけではないので、私たちのよく知るボロネーゼそのものの味になりますよ!

ハンバーグの中には玉ねぎも入っているので野菜を追加する必要もなし。前日に調理済みのハンバーグを砕いて、調味料を合わせるだけなので、忙しい日の夕食でもパパッと準備ができるのでおすすめです。

まとめ

作ったハンバーグをリメイクしてロールキャベツやボロネーゼへと変身させるレシピを紹介いたしました。どちらのレシピもめちゃくちゃ簡単に調理することができるので時短にもなります。

前日の残りのハンバーグをキャベツで包んでサッと茹でるだけだったり、ハンバーグを砕いて調味料と合わせて麺と絡めるだけなので、どちらのレシピも15分もあれば余裕で完成できちゃうはずです。

忙しい日に備えてわざと余分にハンバーグを作っておくのもアリです。是非、ハンバーグのリメイク術を活用してみてください!