「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ 

国民的グループ『嵐』の活動休止や、運営の体質が批判されている『NGT48』の暴行事件など、何かと暗い話題が続くアイドル界。こうした影響もあってか、“コンテンツとしてのアイドル”が終わりを迎えるのではとみられている。

女性アイドルを巡っては、昨年、『PASSPO☆』『チャオ ベッラ チンクエッティ』『ベイビーレイズJAPAN』『バニラビーンズ』など、メジャーデビューも果たしていた中堅グループが続々と解散。また、『ももいろクローバーZ』からは有安杏果が電撃的に脱退し、『HKT48』指原莉乃も卒業を表明するなど、“時代の終わり”を感じさせる出来事が続いていた。

「2010年以降、当時大ブレーク中だった『AKB48』の“二匹目のドジョウ”を狙い、多数のアイドルグループが乱立。『アイドル戦国時代』という言葉が生まれ、各アイドルは文字通り天下を競いました。しかし、昨年には“戦国時代初期”を支えた『PASSPO☆』や『チャオベラ』などが次々と解散。同じく初期を支えた『SUPER☆GiRLS』もついに1期生がいなくなり、『アイドルブームは終息した』と言われました」(アイドル評論家)

特に象徴的だったのは、戦国時代の幕開けを高らかに宣言した『ももクロ』元メンバー・早見あかりと、当時の天下にいた『AKB48』でトップだった前田敦子の結婚だという。

「戦国時代を代表したアイドルが、アイドルとしての終焉を意味する“結婚”をしたことは、時代が転換期にあることを印象付けました」(同・評論家)

 

「平成」初期の状況に酷似している“平成末期”

男性アイドル界でも、ここ数年は老舗にして最大手のジャニーズ事務所から、不祥事や解散・脱退が続発。また、『SMAP』なき事務所を支えるかと思われた『嵐』が活動休止を表明し、男性アイドルの需要や規模全体が縮小すると予測されている。

そして、これらの出来事がリンクすることで、男女ともに“アイドルというコンテンツ”そのものが曲がり角を迎えるという。

「年号が昭和から平成に変わったころ、『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』などの歌番組が続々と終了し、アイドルは冬の時代に入っていきます。そこへ追い討ちをかけるようにバンドブームが到来し、アイドル歌謡と入れ替わりでヒットチャートを独占。その後も小室哲哉プロデュースのダンスミュージックが流行するなど、平成初期には『アイドル=ダサい』というイメージが完全に定着しました。現在のアイドルシーンも、好転する見込みがない暗い材料ばかり。おそらく、今後は平成初期をなぞるような流れになり、アイドルという存在は完全に過去のものとなるでしょう」(音楽誌ライター)

奇しくも、今年は年号が平成から変わる年。二重の意味で「時代は繰り返す」ことになるのだろうか。