レノボのゲーミングノートPC 臨場感ある光と影を表現、AIのパワー活用

©株式会社ジェイ・キャスト

パソコン(PC)およびタブレットなどを手がけるレノボ・ジャパン(東京都千代田区)は、ゲーミングノートPC「Legion Y740」を2019年1月29日に発売。

ゲームをとことん堪能できるスムーズかつ美しい映像表示

17.3型フルHDディスプレー、ライティング機能を備えたキーボード

薄型軽量でスマートなデザインの筐体にNVIDIA製GPU(グラフィックス・プロセッサー)「GeForce RTX(Max-Q Design)」を搭載。臨場感ある光と影を表現するリアルタイム・レイ・トレーシングとAI(人工知能)のパワーを活用し、今までにないゲーミング体験が得られるという。

リフレッシュレート144Hzで、滑らかな映像を実現する「G-SYNC」テクノロジー対応の17.3型フルHDのIPS液晶ディスプレーを搭載。複数のキーを同時に押した際に誤入力を防ぐ「アンチゴースト」対応で、自由なライティング設定が可能なキーボードを備える。「デュアルチャネルサーマルシステム」による効率的な冷却を実現した。

OSは「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。CPU(プロセッサー)はインテル「Core i7-8750H」、GPUは「GeForce RTX 2080/2070」、メモリーは32GB/16GB、内蔵ストレージは512GB M.2 SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)+1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)。主なインターフェイスはUSB 3.1(Type-C)×1、USB 3.1×1、USB 3.0×2、HDMI、mini DisplayPortなど。

価格は22万5000円~(税別)。<J-CASTトレンド>