さいたま市、9条俳句不掲載謝罪

教育長が作者に

©一般社団法人共同通信社

俳句の掲載を拒否された女性(手前)に謝罪するさいたま市の細田真由美教育長=31日午後、さいたま市

 さいたま市の女性(78)が憲法9条を詠んだ俳句の公民館だよりへの掲載を拒否された問題で、細田真由美教育長は31日、同市の公民館で、女性に「心よりおわびする」と謝罪した。2月1日発行のたよりに掲載する。

 女性は「安心した。4年半にわたり、このことを思い煩わない日はなかった」と話した。女性が市に句の掲載と損害賠償を求めた訴訟は、賠償を命じた判決が昨年12月に確定した。

 判決によると女性は2014年6月、市内の公民館で活動する句会で「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」と詠んだ。秀句に選ばれたが、公民館は「公平性、中立性を害する」として、たよりへの掲載を拒否した。