「諦めたらあかん。必ず嵐は帰ってきます」 ファンの聖地・城陽市観光協会の応援メールが泣ける

©株式会社ジェイ・キャスト

「青天の霹靂」とでも言うしかなかったのが、人気アイドルグループ「嵐」の活動休止発表だ。まさに日本中に衝撃が走ったが、そんな中、一通のメールが話題となっている。それは、下記のようなメールである。

(画像提供:城陽市観光協会)

(画像提供:城陽市観光協会)

Jタウンネット編集部は、このメールの差出人に電話で話を聞いてみた。

「ファンの思いを届けたい」

松本神社の絵馬 「カラー」(城陽市観光協会ホームページより)

松本神社の絵馬 「カラー」(城陽市観光協会ホームページより)

京都府城陽市観光協会の事務局長・阪部晃啓さんは、電話をとおして次のように答えてくれた。

「あの(冒頭の)メールは、過去に松本神社の絵馬を購入された方々にお出ししたメールです。嵐の活動休止は残念ですが、一度ゆっくり休んだ後、なんとか早く復帰してほしい、というファンの思いを届けたいな、と思ったわけです」

「自分もファンの一人だ」と話す阪部事務局長は、やむにやまれぬ思いでメールを書いたのだという。

松本神社の絵馬 「焼き付」(城陽市観光協会ホームページより)

松本神社の絵馬 「焼き付」(城陽市観光協会ホームページより)

城陽市は、京都府南部に位置する。城陽市の田園地帯にある神社が、全国から「嵐」ファンが押し寄せる「松本神社」だ。常駐の神職もいない小さな神社だが、2017年、城陽市観光協会が絵馬やストラップを販売し始め、現在も人気を集めている。

ミニミニ絵馬ストラップ(城陽市観光協会ホームページより)

ミニミニ絵馬ストラップ(城陽市観光協会ホームページより)

絵馬・ストラップは、近鉄寺田駅前にある城陽市観光協会で販売されている。「松本神社」参拝前に、観光協会に立ち寄って購入すると良い。絵馬は二種類、松潤カラーの紫が鮮やかな絵馬は1500円。焼き付け文字のバージョンは2000円だ。現地まで行けない人は、城陽市観光協会のホームページから注文できる。