カシオ、早期退職者を募集

200人を想定、創業来初

©一般社団法人共同通信社

 カシオ計算機は31日、創業以来初めて早期退職者を募集すると発表した。募集人数は200人程度を想定しており、社員2900人のうち、国内営業部門や間接部門の約700人が対象となる。事業規模に合わせた人員へ適正化する。広報担当役員は「業績は好調なので手厚い退職支援が可能だ」としている。

 勤続10年以上で、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員が対象となる。募集期間は2月12日から3月15日で、応募者は6月20日に退職する。通常の退職金に上乗せした特別金を支給するほか、再就職を支援する。