ある日突然、ネットで中傷されたら

発信者突き止め刑事罰も、「罪軽すぎる」の声

©株式会社全国新聞ネット

侮辱罪で刑事罰を受けた男性が運営していたブログ「写楽」のページ(現在は消されている)=弁護団提供

 ある日突然、インターネット上に自分への誹謗(ひぼう)中傷があふれていたら、どうすればいいのか。

 川崎市に住む在日コリアンの男子中学生は昨年1月、ネットの掲示板の書き込みに手が震えた。「見た目チョン、脳みそもチョン、全てがチョン」「ヒトモドキ。たたき出そう国外へ」「ゴキブリ韓国人」などと読むに堪えない罵詈(ばり)雑言が大量に書き込まれていた。おそらく数万件に上る投稿は匿名で、どれだけの数の人によって書かれたのかも分からない。

 ネット上に一度広がった投稿を、全て削除するのはほぼ不可能だ。高校生になった生徒は、今も「自分の名前を検索されたらどうしよう」と不安を抱えて暮らしている。

 見ず知らずの少年にいきなり悪意を向け、面と向かっては言えないような言葉で人格を攻撃する。ネットの発達によって生じた現代日本の醜悪な現実。相談を受けた弁護士らは立ち上がった。

 「匿名を隠れみのにしたヘイトスピーチであり、許されない。犯罪として刑事責任を問うべきだ」

 ▽地元の音楽イベントに参加しただけで

 事の発端は、生徒が地元の音楽イベントに参加したこと。ただそれだけだった。ところが、その活動が新聞で取り上げられ、記事がネットに公開されると、掲示板やまとめサイトに、この生徒を人種差別的に中傷する投稿が相次いだ。

 生徒の弁護団の一人、神原元弁護士は憤りを隠さない。「何万件ものヘイトが、未成年に毎日のように浴びせられる。すべて刑事告訴したいが、現実的には、できるのは一つか二つ。こうしたヘイトを取り締まる法的整備がまったく追いついていない」

 実際、刑事罰まで至るケースは珍しい。ネックになっているのは、匿名の発信者を特定し、告訴する手続きの煩雑さ。時間がかかる上、被害者には精神的負担ものしかかる。泣き寝入りするケースが大半という。

 ▽発信者、66歳男性と特定

 弁護団は今回、膨大な投稿をチェックした上で、「写楽」というブログが特に悪質だと判断し、狙いを絞った。「在日という悪性外来寄生生物種」と題し「見た目も中身ももろ醜いチョーセン人」などと中傷していた。

 昨年2~5月、ブログ管理会社やプロバイダーに情報を開示するよう請求し、任意で情報を入手した。その結果、発信者は大分市に住む66歳の男性と判明した。

 その年の7月、川崎署に侮辱容疑で告訴すると、川崎署は10月に入って横浜地検川崎支部に書類送検した。男性は調べに対し「日記のつもりで書いた」と供述したという。川崎区検は同年12月20日、侮辱罪で略式起訴。川崎簡裁が科料9千円の略式命令を出した。

 共同通信は今年1月、男性の自宅を訪ねた。インターホン越しに取材を申し込んだが、男の声で「すみません」と言うだけで、インターホンは切れた。

 16日に東京都内で記者会見した弁護団の師岡康子弁護士によると、ネット上の匿名のヘイトスピーチに侮辱罪を適用したのは、今回が初めてとみられる。師岡弁護士は「遊びのような気持ちで、匿名でヘイトスピーチを書き込んでも、犯罪として処罰されるという教訓となる事例だ」と意義を強調した。

記者会見する生徒の代理人の師岡康子弁護士(右端)ら

 ▽成果と課題、浮き彫りに

 会見では、以下のような生徒のコメントも発表した。

 「ブログに書かれたひどいヘイトスピーチを見た時の恐怖やショックを忘れることはできません。僕だけでなく僕の家族みんなが傷つき、家族みんなが被害を受けました。祖母と同じ世代の人が、50歳も離れた自分にこんなにひどいことをしたという事もショックです。今後はインターネットでも実生活でも、もう二度と人を差別しないでほしいです」

 今回の件で、ネットでの匿名の差別発言が刑罰に値することが広く知られるようになった。横行するヘイトスピーチに対する大きな成果だ。一方で、他人に差別発言や侮辱を繰り返し、心に深い傷を与えたことに対する罰が1万円に満たないことに、割り切れなさも残った。数千円の罰は決して重いとはいえないだろう。

 ▽「国がルール作って」

 師岡弁護士も「侮辱罪では軽すぎる」と指摘する。原因は、ヘイトスピーチ対策法にあるという。「禁止規定がなく、法的手段は被害者に丸投げされている。今回のように、現行法上の侮辱罪などはヘイトクライムを想定しておらず、適用しても特別に罰則は重くならない。ヘイトを罰するための法規定と捜査態勢の整備が急務だ」と説明する。

 生徒は16日に発表したコメントの最後で、社会に向けてこう訴えていた。「国がルールを作って、もう誰も自分のようなつらい思いをすることがなく、安心してネットを使える環境を整えてほしい」(共同通信ヘイト問題取材班)

ヘイト問題取材班の過去の記事はこちら↓

立ちはだかる「表現の自由の壁」  悩む自治体に策はあるか? 検証・ヘイトスピーチ対策法(3)

デモは減ったけれど…  進む巧妙化、海外から批判も 検証・ヘイトスピーチ対策法(2)

悪質な中傷、ネットで減らない理由 弱者たたく〝差別ビジネス〟も 検証・ヘイトスピーチ対策法(1)

名前で狙われた? 「人種差別」と提訴し対抗 弁護士懲戒請求、激増の謎(3)

「軽い気持ちで」「今は後悔」 参加者に聞く  弁護士への懲戒請求、激増の謎(2)

弁護士への懲戒請求、激増の謎(1)  例年の数十倍 「根底にヘイト」の指摘も