細野豪志氏「自民入党目指す」

衆院静岡5区、変更せず活動

©一般社団法人共同通信社

記者団の取材に応じる細野豪志元環境相=31日午後、東京都千代田区

 自民党二階派に特別会員として入会した無所属の細野豪志元環境相は31日、東京都内で記者団に「自民党入りを目指したい。自民党の皆さんと一緒に行動したい」と語った。自身の選挙区である衆院静岡5区で活動を続ける考えも表明。「選挙区を変える時は政治家を辞める時だ。変更は選択肢にない」と強調した。

 細野氏は民主、民進両党で要職を務め、長年自民党を批判してきただけに党内外で反発が強まるのは必至だ。自民党細田派の下村博文事務総長は記者団に「党静岡県連の理解を得られるよう丁寧に進めないと、新たな火種になる」と指摘した。

 細野氏は「厳しい批判もあると思う」と語った。