サンライズ瀬戸 カーペット席_寝間着で歩く人、JR東海のカーテン【実況】

©株式会社エキスプレス

パソコンを静かに静かにカタカタとやってたら、沼津。

熱海でJR東日本とJR東海の乗務員に交代したはず。

ガコンと止まったのが2回。乗客体調不良と停止信号。いまの時代、在来線長距離列車は、「それはしかたない」と思う。

カーペットの下段席が、これめっちゃいいな、って思うのは、通路を行き交う人たちの顔はみえないけど、全身はみえるという、てい。

けっこう、自前の寝間着やガウンを着て、歯ブラシ持ったりして行き交うのね。これにはびっくり。

夜行列車のなかにいるっていう実感。

女性もそう。着替えて歯磨きに。洗面所はちょっとした列ができてるみたい。

ちょっとだけ遅れて沼津。乗客扱いか、ベテラン駅員が周囲を怖い目でみつめて手をあげる。へえーそうなんだ。

あたりまえだけど、駅案内がJR東海のオレンジになった。通路を行き交う車掌のコスチュームも変わった。

で! 気づいた。いつのまに通路側のカーテンが閉められたんだ! これもルーチンのはからいなのか。その瞬間をみることなくパソコンばかり見て、いやパソコンかビールか。

次はどこだっけ、富士、静岡、浜松……浜松のあとは、姫路だよ!

久しぶりの夜行列車。何年ぶりだろう。自分だけざわざわするわ。

けっこう豪快に揺れながら、在来線のポイントを通過する音が、以下自粛。

―――カーペット席の下段はみんな、もう横になってるよ(小声で)。