米中、貿易合意目指し首脳会談へ

大統領「進展」、なお隔たりも

©一般社団法人共同通信社

1月31日、米ホワイトハウスで中国の劉鶴副首相(左端)と面会するトランプ大統領(右端)(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米中両政府は1月31日、ワシントンで2日間の閣僚級貿易協議を終えた。トランプ米大統領は「大きな進展があった」と評価し、中国の習近平国家主席と再び会談し最終的な合意を目指して話し合う考えを示した。米中はなお隔たりが残っており、3月1日の期限まで詰めの協議を続ける。

 米ホワイトハウスは声明で、貿易協議で知的財産権保護や技術移転の強要、貿易不均衡、人民元相場について議論したと発表した。合意事項を必ず実行に移すことで一致し、中国が米国の農産品や工業製品を大量購入することについても話し合ったと説明した。

トランプ米大統領=1月31日、ホワイトハウス(AP=共同)