沖縄県全域で警報基準超え インフルエンザ猛威

©株式会社琉球新報社

 沖縄県感染症情報センターは31日までに、沖縄県内の定点医療機関1カ所当たりのインフルエンザ患者数が、21~27日の1週間で49.09人だったと発表した。前週の54.69人と比べると減少しているが、保健所単位では新たに宮古保健所管内で警報基準値を超え、県内全保健所で基準を上回った。県は16日に県内全域にインフルエンザ警報を発令している。

 患者数は58カ所の定点医療機関で2847人。A型が約9割を占めている。保健所別に見ると那覇市57.17人、中部52.30人、八重山51.0人、南部49.64人、宮古30.50人、北部29.0人。

 県地域保健課によると、前の週と比べて学校生活への影響が増えており、学年閉鎖は8学年、学級閉鎖は27学級に上った。「学校での感染が広がっており、しばらく警戒が必要だ」と注意を呼び掛けている。