エンゼルス大谷、開幕間に合わず

GMが見通し示す

©一般社団法人共同通信社

エンゼルスの大谷翔平選手

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスのビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)が1月31日、電話会見し、昨年10月に右肘手術を受けた大谷翔平選手(24)は打者に専念する今季の開幕に間に合わない見通しを示した。エプラーGMは「今の(リハビリの)過程では開幕にはプレーできない」と語った。

 メジャー2年目の大谷選手は、アリゾナ州テンピでのキャンプには2月13日のバッテリー組の練習初日に合流するという。かねて3月28日に敵地で行われるアスレチックスとの開幕戦出場に意欲を示していたが、キャンプでは投手としてのリハビリも行うため、球団が慎重を期した形だ。