【中学受験2019】2/1首都圏私立入試ピーク、問題・解答速報の公開はいつ?

©株式会社イード

画像はイメージ

東京都と神奈川県の2019年度(平成31年度)私立中学の入学試験(入試)が2019年2月1日解禁され、御三家と呼ばれる難関校をはじめとした学校で入試が実施されている。今後は2月中旬にかけて、多くの学校の入試や合格発表が行われる。

入試当日より解答速報スタート

今年も四谷大塚は特設ページ「

2019年度入試 中学入試解答速報

」を設け、難関中学の解答速報を掲載中だ。

2月1日実施校のうち、問題と解答が公開される予定の学校は開成、麻布、駒場東邦、桜蔭、雙葉、女子学院が当日の夜8時に、武蔵、海城、渋谷教育学園渋谷、フェリス女学院は当日の夜10時に公開予定だ。なお、早稲田、早稲田実業中等部は翌日の2月2日午後3時に公開予定となっている。

2月2日実施校の栄光、聖光、豊島岡女子、2月3日実施校の浅野、慶應義塾中等部はいずれも試験当日の夜8時に公開を予定している。

最終出願状況・倍率

首都圏模試センターは「

2019年度 出願倍率速報

」で都道府県、共学区分などによる学校別出願倍率速報を公開している。

2019年1月31日午前11時時点における出願状況(志願状況)と倍率は、開成4.1倍、麻布3.5倍、武蔵3.6倍、駒場東邦2.3倍、桜蔭2.3倍、雙葉3.8倍、女子学院3.3倍、豊島岡女子(2/2)6.6倍など。

リセマムでは特集「

人気進学塾に聞く2019年度中学入試

」で、結果を出している進学校情報などについても分析している。

編集部