統計不正の担当更迭は言語道断

立憲民主党の福山哲郎幹事長

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は1日、厚生労働省の統計不正問題を巡って新たに局長級の政策統括官が事実上更迭されたことに関し「官僚まで隠蔽するのか」と批判した。国会内で記者団に「全体を把握していたはずの人を予算委員会の直前で更迭し、国会に呼びにくい形にした。言語道断だ」と述べた。

 同時に「次の担当者が事情を知らないようだと、全く審議は深まらない」とも指摘した。

 共産党の笠井亮政策委員長は記者会見で「しっぽ切りは許されない。この程度の担当幹部の処分で幕引きさせてはならない」と強調した。