中日・松坂大輔、ドラ1根尾は「いい面構えしている」背番号18への「思いは強い」

©株式会社Creative2

背番号「18」のユニフォーム姿を披露した中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

この日はブルペンには入らずに練習

 中日の松坂大輔投手が、ドラフト1位ルーキーの根尾昂内野手と初対面を果たした。1日、沖縄・北谷町で春季キャンプがスタート。歓迎セレモニーの前に、ドラ1ルーキーから挨拶を受けた松坂は「いい顔をしているなと思いました。ルーキーらしい初々しさはありながらも、自信があるんでしょうね、頼もしい面構えに見えましたね」と絶賛した。

 初対面は挨拶と軽く言葉を交わした程度だったが、共に甲子園春夏連覇を果たし、鳴り物入りでプロ入りした者同士で通じるものもあったのだろう。「ほかの選手にはない華というか、遠くからでもパッと見てわかるような子なのかなと思いましたね」と、その存在感を称えた。

 この日はキャッチボール、ノック、ランニング、バント練習などで汗を流し、ブルペン入りはせず。ただ、今季から代名詞の背番号「18」を背負うことから注目度は高い。「昨晩広げたときに、18を見てワクワクしてくる気持ちが出てきました。僕はずっと桑田さんを見てきて18をつけたいと思っていましたし、普段から18は意識する番号。それくらい思いは強いです」と18番への思いも語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)