<楽天>平石監督、精力的「野手陣みんないい」目を細める

©株式会社河北新報社

真剣な表情で練習を見守る平石監督

 「監督になったからといって特別なことはない」。平石監督は、1軍指揮官として初めてとなる春季キャンプ初日を淡々と振り返った。

 12球団で一番若い38歳の青年監督は精力的に動き回った。ブルペンでは開幕投手候補に挙げている則本、岸の両エースの投球に熱い視線を送った。広島から移籍してきた福井には「イメージよりも球が伸びてきている」と評価した。

 軽快に練習メニューをこなす野手陣にも目を細めた。新外国人のブラッシュを含め「今、開幕してもいいのではと思うくらい(みんな)いい」と表情を緩ませた。特に目立った選手に銀次、5年目の卓丸を挙げ「(自主トレーニングを)しっかりやってきたなという感じ。他の選手とちょっと違うと思った」と話した。

 キャンプでは特殊な練習は課さない方針だ。「この期間でしかできないことをしっかりやる」。まずは基本練習を徹底し、長いペナントレースを戦い抜く土台をつくっていく。