朝摘みイチゴで生チョコロール 兵庫・養父の谷常製菓

©株式会社神戸新聞社

「完熟いちごの生チョコロール」を紹介する、谷常製菓の真狩正人さん=養父市八鹿町八鹿

 兵庫県養父市の谷常製菓(同市八鹿町八鹿)は、自社栽培したイチゴが入ったロールケーキ「朝摘み完熟いちごの生チョコロール」を発売した。濃厚なチョコレート味のしっとりした生地で、朝採れのイチゴや生クリームなどを包み込んでいる。同社はバレンタインの贈り物としてPRしている。

 収穫したてのイチゴを確保するため、同社は2015年から本社の横で、ハウス栽培を始めた。イチゴを使った専門ブランドを立ち上げ、新商品の開発に力を入れている。今回の「朝摘み完熟いちごの生チョコロール」は、同ブランドの企画開発品の第7弾となる。

 ロールケーキの長さは16センチで、完熟イチゴを敷き詰め、イチゴ味の生クリームや生チョコレートとともに包む。製造部の真狩正人副部長は「イチゴは少し酸味があり、甘めのクリームとバランスよく仕上げた。濃厚なチョコを使った生地にもこだわった」とアピールする。

 税込み2484円(別途送料が必要)。インターネット通販での限定販売で、15日まで予約を受け付ける。谷常製菓TEL079.662.2261 (桑名良典)