EEZ内で逃走 中国3船長逮捕 海保、検査拒否疑い

©株式会社琉球新報社

 那覇海上保安部と中城海上保安部は1月31日、日本の排他的経済水域(EEZ)で中国漁船3隻が停船命令に応じずに逃走したとして、漁業主権法違反(立ち入り検査拒否)の容疑で、漁船の船長の男3人をそれぞれ現行犯逮捕した。その後、中国側が担保金を保証する書面を提出したことを受け3人を釈放し、船も返還した。

 逮捕容疑は31日午前9時ごろから同11時56分の間、本島の喜屋武崎から約283キロ離れたEEZを漁船で運航し、巡視船の停船命令を拒否して逃げた疑い。