玉木氏、首相の任命責任を追及

国民民主党、統計不正巡り

©一般社団法人共同通信社

記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=2日午前、奈良市

 国民民主党の玉木雄一郎代表は2日、厚生労働省の統計不正問題を巡り、根本匠厚生労働相の罷免を求めるとともに、安倍晋三首相の任命責任を追及する考えを強調した。隠蔽行為などが次々と明らかになっているとして「根本氏は辞めるべきだし、首相の任命責任も厳しく問われる」と奈良市で記者団に語った。4日から始まる衆院予算委員会審議で、統計不正問題の真相解明に努める姿勢も示した。

 厚労省の担当室長が賃金構造基本統計の不正を隠蔽していたことに関し「(不正があった同省の)毎月勤労統計も組織的な隠蔽の疑いが強まった。底なしの不正の様相を呈してきた」と指摘した。