愛知県知事選、投票始まる

現職と新人の争い

©一般社団法人共同通信社

愛知県知事選で有権者に支持を訴える榑松佐一氏(右)と大村秀章氏=1月17日午前、名古屋市

 任期満了に伴う愛知県知事選は3日午前7時から県内1691カ所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。

 立候補しているのはいずれも無所属で、県労働組合総連合議長の新人榑松佐一氏(62)=共産推薦=と3選を目指す現職大村秀章氏(58)=立民、国民、公明推薦=の2人。

 大村氏は自民党県連の推薦も得て、与野党相乗りの支援を受ける。2期8年の県政運営に対する評価が主な争点となった。

 県選挙管理委員会によると、当日有権者数は608万581人。午後1時現在の投票率は13.66%で前回同時刻を0.03ポイント下回っている。