5km通過!まだまだ様子見の展開【第68回別府大分毎日マラソン】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

第68回別府大分毎日マラソンは2019年2月3日(日)に行われている。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけたレースがはじまった。

風がやや強いのか、スタート直後は1kmを2分55秒前後のペースで進む。海外招待選手を中心に先頭集団が構成される。注目の大六野(旭化成)は集団の中盤あたりで様子を伺うような走りを見せている。ペースメーカーのひとりとしてレースを引っ張るのは、東洋大学の山本修二。箱根駅伝でも快走を見せた次世代のスター候補がレースをつくっている。

上門大祐や園田隼などMGC出場権を持っている選手を中心に、注目選手が集まる今大会。好記録が出た午前中の丸亀ハーフマラソンにつづき、別府大分毎日マラソンでも好記録が期待される。

第68回別府大分毎日マラソンの速報は詳細をご覧ください。

詳細を確認する