15km通過!岡本直己が転倒のアクシデント!【第68回別府大分毎日マラソン】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

第68回別府大分毎日マラソンは2019年2月3日(日)に行われている。マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけたレースがはじまった。

5km

風がやや強いのか、スタート直後は1kmを2分55秒前後のペースで進む。海外招待選手を中心に先頭集団が構成される。注目の大六野(旭化成)は集団の中盤あたりで様子を伺うような走りを見せている。ペースメーカーのひとりとしてレースを引っ張るのは、東洋大学の山本修二。箱根駅伝でも快走を見せた次世代のスター候補がレースをつくっている。

10km

6kmの給水地点で先頭集団が少しばらけたものの、大六野や橋本など有力選手はしっかりと給水を手にする。8.8kmあたりから初マラソンとなる旭化成の茂木がやや遅れ始める。レースは1kmあたり3分ちょっとと例年よりやや速いペースでの好展開となっており、ペースメーカーの山本がすばらしい組み立てを見せている。

15km

順調にレースが進む中アクシデント!給水ポイントで中国電力の岡本直己が転倒した。全国男子駅伝でも15人抜きを見せるなどココ最近好調を維持していた岡本、沿道によって立ち止まってしまう。14kmあたりで注目の富士通、荻野も遅れ始めてしまう。MGCを狙う荻野はここで粘りたい。途中から小雨がぱらつき始め、湿度が上がりランナーにとってはやや走りやすいコンディションになってきたか。

上門大祐や園田隼などMGC出場権を持っている選手を中心に、注目選手が集まる今大会。好記録が出た午前中の丸亀ハーフマラソンにつづき、別府大分毎日マラソンでも好記録が期待される。

第68回別府大分毎日マラソンの速報は詳細をご覧ください。

詳細を確認する